上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、マリサ3歳検診、サラ15ヶ月検診&予防接種でした。

実際、マリサはあと約10日で3歳、
サラは来週には17ヶ月(1歳5ヶ月)になりますが・・・(^^;)

ニュージーランドの検診は前にも書きましたが、
GP(ホームドクター)とプランケット(保健所のほうなところ)
のダブルチェック。
どちらも、自分の自由に予約を取って検診します。

今日は、GPの方です。

*******************************************************************


写真を見る前に人気ブログランキングクリックして頂けると嬉しいです!
クリックしてから先に進んでいただけると助かりますm(._.*)mペコッ
1クリックでこのブログのランキングが上がる仕組みです。
ご協力お願いします。


********************************************************************

本当は、マリサが3歳になってから、
サラも一緒に検診をしてもらおうと思っていたのです。

確かにそうなると15ヶ月が17ヶ月になってしまうのですが、
2回もいくのは大変なのと、(面倒なのと!?笑)
すでにサラは先月プランケットで15ヶ月検診をしてもらったので・・・。

ところが、病院の方から、早く予防接種を受けてくださいー、
という催促の手紙が来てしまいまして・・・(^^;今日行く事にしました。


本当に2人連れて行くと大変なんです・・・。
待っている間もこんな状態・・・↓。

靴も気がついたら2人とも脱いでましたから・・・
母泣かせな2人です・・・。

1


一通りの検診結果は

マリサ 体重14.3キロ 身長91.4cm

サラ 体重9.7キロ 身長測定不可能でした
(動きすぎです・・・)

2人とも全く問題なく
順調に成長しているそうです。


マリサ視力検査も初めてしました。
右上の写真ですが、子供用視力検査の表です。
離れて見て、何が書いてあるか先生に言えばOKです。
マリサはもちろん、1番下まで見えました。


サラは今日は、検診に続き、予防接種
本日は
・DTaP/Hep ジフテリア・破傷風・百日咳・ヘモフィルスインフルエンザB菌
・MMR    麻疹・おたふく風邪・風疹 


を同時に打ちました・・・。
日本ではありえないくらいの種類の菌を毎度の事ですが、
一気に打ちました。
本数は2本、足に1本、腕に1本でした。

注射のあとは、毎回、必ずと言っていいほど熱がでるので、
今日も出るかと思いましたが、
今のところ、大丈夫みたいです。
(こんなに打って、出ないほうがおかしい!?)

******************************
それから、これはNZ在住の方限定のメッセージですが、
MenzBの4回目を打つか打たないかは
初摂取日がいつによるらしいことが
今日GPに確認してわかりました。
うちのサラは昨年の4月に1回目を打っているので、
ギリギリ、4回目は免除だそうです。
(もちろん、マリサもなしです。)
2005年4月以降にMenzBを摂取されている方は
GPに4回目が必要かどうか、確認されたほうが良さそうです。
以上、業務連絡でした!
********************************



帰りに、気分転換に海で遊んできましたが、
今日も曇り空。

本当に夏は終わってしまったのね・・・。

2


ちなみにNZは今週末で夏時間も終わります。
(日本との時差が4時間から3時間に変更です。)

応援お願ねがいします
人気ブログランキング☆へ。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2006.02.08 15ヶ月検診
今日はサラの15ヶ月(1歳3ヶ月)検診の為
プランケット・Plunket(保健所?)へ行ってきました。

こちらは、GP(ホームドクター)とPlunketのダブル検診です。
(過去の検診の様子やシステムについてはこちら


いつもは、GPの検診を先にして
その1ヶ月後にプランケットの予約をしているのですが、
今回は、プランケットからじきじきに(笑)
予約をするようにと先週電話があったため、
いつもより早い検診となりました。

1























検診の結果です



体重9.18kg

身長 76cm




日本人同士の子供なので、グラフで行くと
ギリギリ圏内ですが、こんなものでしょう。
成長も順調で問題なし!とのお墨付きです。




今日のお話は『牛乳とカルシウム』について。

私の心配事は、断乳をしてから
サラがあまり牛乳を飲まないことでした。
NZでは、本などに1歳以上の子供は1日3杯の牛乳を
飲むようにと指導してあるからです。
ですが、ヨーグルトやチーズなどを食べているので
問題ないかな?と聞いたのです。

プランケットの話しによると、
牛乳は取りすぎるとかえって鉄分を補給できなくなるので
1日1杯の牛乳&ヨーグルトの摂取で
充分だと言うことでした。

逆に、取りすぎるとアレルギーになるのかどうかも
聞きましたが、それはその子の体質によるもので、
サラは、他のアレルギーを持っているわけでもなく
喘息でもないので、気にすることはないと言うことでした。




次回このプランケットに来るのは2歳検診です。


*******************************************************

2話し変わって
先日家で採れた桃
Waihekeのワイン
おやつに桃のコンポートを
作ってみました。

今日マリサが幼稚園から
帰って来たら
おやつにしようと思います。


レシピブログではないので、参考までに
簡単に作り方です。



☆作り方☆
ワイン500ML
桃(堅め)6-7個
グラニュー糖200-300g

以上の材料をひたすら鍋で煮ます。
桃が柔らかくなったら、冷蔵庫にいれて充分に冷やし
アイスに添えたり紅茶に入れたりして楽しめます。

これなら下戸の私でも子供でもワインを楽しむことができます!




今まで気が付かずに来た方にも。
どうか、ポチッと最後に
応援お願ねがいします
人気ブログランキング☆へ。


こちらのリンク先へクリックしていただくと
marieの順位が上がります。
上がると、皆様に読んでいただいている、
支持して頂いているということで
大変に励みになります!

順位、下がってきてしまいました(泣)
皆さんのクリックが沢山必要になります!

クリックしてくれたら本当に嬉しいです!

... 続きを読む
2005.09.22 Plunket
plunket今日はサラのプランケットナースの検診の日。
Plunketとは、ニュージーランドで子育てしている人には切ってはきれない機関なのですが、日本で言う所の保健所のような役割です。


ただし、日本の保健所と違う所はプランケットは子供のためだけの政府が援助する組織なのです。



プランケットは下記のことを行っています。



・定期健診は個別に予約(集団検診などはありません
・両親学級や離乳食教室、その他月齢に応じた講座の開催
・プレイグループやコーヒーグループの紹介やサポート
(日本人プレイグループの紹介もしてくれます。)
・母乳育児相談
・チャイルドシートのレンタル(有料)
おもちゃ図書館のサポート
・プランケットファミリーセンター
(育児110番みたいな感じでしょうか?24時間受付)
・アレルギーの子供のサポート
・産後のうつ病のケア
・流産・死産の心のケア(カウンセラーの紹介など)
・その他、育児に関する事ならなんでも・・・ニュースレターも発行しています




前にも書きましたが、こちらの検診はGP(ホームドクター)とプランケットの
ダブルチェック検診です。

本来ならサラちゃん、本日は9ヶ月検診なのですが、
GPでの検診に特に問題もなかったため、
私はいつも1ヶ月遅れでプランケットを予約しています。
身長体重を計ってもらうのに
同月に計ってもほとんど変化がないので
せっかくなので1ヶ月遅れにしています。

ただし・・・、今月ちょっとばたばたと忙しかったり
マリサの幼稚園のことがあったりして、
気がつけばサラはあと2日で11ヶ月突入です(^^;)(10月24日がお誕生日)


mizunomi今日の測定の結果は、身長70cm体重8.68kg
とても順調に大きくなっています。
ニュージーランドの母子手帳にあるグラフから行くと
若干小さめではありますが
生まれたときが3060gですから
3倍弱にまで大きくなりました♪

家に帰ってから日本の母子手帳を見ましたら、
本当に平均くらいで、ほっとしました♪
(こういう時に日本の母子手帳があると役立ちますね)

しかも、今日はビックリする事がありました!
今までストローを吸って飲み物を飲む事ができなかったのですが、
偶然にもマリサがお茶を飲んでいた水筒が
床に転がっており(^^;)
それをサラが自分で拾って飲んでいました!!!(↑の写真)


bottles今まではこの黄色い方でしか飲めなかったのですが
ストロー付きでも本日からぐいぐい飲めるようになりました♪
マリサはもっと早くにストローで飲む事が出来たと思いますが、
サラは私が怠けていたせいもあって
ストローの練習をほとんどしていなかったので
本日からストローがOKになりました。
サラもついにお姉さんになってきちゃったな・・・・。



(プランケットで沢山写真を撮ろうと思って張り切ってデジカメを持っていったのに
マリサ&サラを見るのが大変で結局気がついたら入り口の看板しか撮っていませんでした・・・・。)

応援お願いしますクリック

... 続きを読む
2005.08.09 Jelly Beans
Jelly Bean普通は子供が嫌がる病院ですが
我が家の長女マリサは
『病院へ行くよ』というと喜びます。
原因はこれ、ジェリービーンズ。
どうもマリサにとって病院とはジェリービーンズが食べれる所だと思っているらしいのです。

というのも、こちらの子供が通うような診療所や病院では
たいていどこでも子供の為にジェリービーンズが
置いてあるのです。
注射などいたい思いをした後に必ずと言って良いほどもらえる
ジェリービーンズ。
(もちろん親が断る事もできますが)

彼女は行けば必ずもらえると言う事を知っていて
妹のサラの検診にも喜んでついてきます。
そして、サラが注射をしているのを横目にジェリービーンを食べるマリサ。



私はマリサが2ヶ月-8ヶ月そして9ヶ月から1歳5ヶ月の間ほぼ1年を
主人と一緒に日本へ戻っていたのですが
(今まで書く機会がなくて言いそびれました。)
8ヶ月でNZに戻ってきたときにこちらでの予防接種に
軽いカルチャーショックを受けました。

私が通っているGP(ホームドクター)では
予防接種はベテラン看護婦のAさんが毎回行ってくれます。
(この看護婦さん私を10代の頃から知っているので
会うたびに『あなたがお母さんになるとはネ・・・。』と言われます)
Aさんの方法は、

①まずシャボン玉で子供の気をそらす
②シャボン玉をみている間に一気に注射
③子供がワーっと泣きそうになる瞬間にジェリービーンを口へ入れる。
 (赤ちゃんの場合は、おっぱいがすぐに出るように準備させる)


この方法で我が家の子供たちは注射でほとんど泣いたこと無し。
しかも、マリサは病院好きに・・・。
サラもジェリービーンの味を覚えたらマリサの後に続くでしょう・・・。
親としては良いのか悪いのかちょっと複雑な心境です。

追記:予防接種の詳しい予定についてはこちらから

応援してください!クリック

... 続きを読む
今日はニュージーランドでの検診&予防接種の話。
NZでの検診の最大の特徴は
GP(ホームドクター)とPlunket(保健所?)のダブルチェック
で行われるということ。

日本のように集団検診や指定日時などは全くなく
自分で好きなように予約を入れて検診日時を決める事ができます。
そして、なんといっても予防接種の方法が日本とは違います。
ほとんど毎回2本1度に両足にそれぞれ摂取されます
その為か、副作用が日本よりも出やすいような気がします。
うちの子供も予防接種の後は熱が出やすいです。

tannjyou
また、日本が3ヶ月の集団検診でツベルクリン反応後BCGをするのに対し
NZでは生後1ヶ月くらいでBCGの注射を1本します。(これは後が残りました)。




NZで行われる予防接種は下記の通りです。
最初見た時は何かの暗号かと思いました・・・。
また混合ワクチンも日本の3種混合(DPT)などとはちょっと種類が違うようです。


・DTaP-IPV  ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ
・Hib-HepB B型肝炎、ヘモフィルスインフルエンザB菌
・DTaP/Hep ジフテリア・破傷風・百日咳・ヘモフィルスインフルエンザB菌
・MMR    麻疹・おたふく風邪・風疹 
・MeNZB  Meningococcal B=B型髄膜炎菌性感染症


上記をみてわかるようにNZでは一度にいろいろな種類を
摂取するだけでなく、日本では摂取しない、
B型肝炎ヘモフィルスインフルエンザB菌、おたふく風邪,B型髄膜炎菌性感染症などが含まれています。
ヘモフィルスインフルエンザB菌
名前にインフルエンザという言葉か入っている為に
よく冬に流行るウイルス性インフルエンザと誤解されがちですが、
これは細菌性インフルエンザ菌で特に6歳以下の集団生活内の
小児に脳膜炎や髄膜炎を起こしやすい病原菌です。



one tree hill

また、海外で検診を受ける際、役立つ本をご紹介しておきます。
一番有名な本はノーラ・コーリさんの本
海外で安心して子育てをする本
海外で心配な病気や予防接種の英語の表現や種類、
また色々な方の体験談などさまざまな国にわたってかかれています。



NZでの検診と予防接種の予定

誕生        初産で2泊3日 経産婦は1泊2日(産んだその日の退院も可)
          6週間目の検診までは担当助産婦のスケジュールによる検診

1ヶ月        約1ヶ月後にBCGナースによるBCG

1ヶ月半       GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP-IPV Hib-HepB  
(6週目)      Plunketナースによる自宅訪問検診

3ヶ月        GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP-IPV Hib-HepB          
           Plunketナースによる自宅訪問検診

5ヶ月        GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP-IPV HepB  
           Plunket診療所での検診
           (ローカルの歯科への申し込みをしてくれます。
            こちらの歯科検診及び診療は日本と随分違うので後日書き
            ます。)


6ヶ月~9ヶ月     GPの5ヶ月検診時予防接種より
            4週間以上後からMeNZB
            6週おきに3回摂取

9ヶ月         GP・Plunketともに検診のみ

15ヶ月        GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP/HepB MMR  
            Plunket診療所での検診

2才          GP・Plunketともに検診のみ
3才          GP・Plunketともに検診のみ

4才          GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP/HepB MMR  

5才          GP・Plunketともに検診のみ

役に立った方も、そうでない方(でも良く書いたねと思ってくださる方)
... 続きを読む
今日はサラのMeningococcal disease(B型髄膜炎菌性感染症)の予防接種の日。
日本ではやらない予防接種ですが、
こちらでは昨年の8月より20歳以下の国民に義務付けられた予防接種のひとつです。

Meningococcal通称MeNZB(こちらの人はメンスビーと発音します)は
6週間おきに全部で3回摂取します。
サラは今日でその3回目。


病院でこちらの病院はどこでも
こういった子供が遊ぶところがあります。
ですから、上の子を連れて行くときは
本当にありがたいです。



さて、話を髄膜炎に戻しますが、
この注射結構痛いらしいんです。
サラの場合は、過去2回とも夜になり熱を出しました。
熱が出たときの為にGP(ホームドクター)に熱さまし&痛み止めの
パナドール子供用(Panadol)をもらっておくと良いと思います。
(病院でもらうとParacetamolという表記になると思います。薬品名と商品名の違いかな?)
他にも副作用として摂取したあと2-3日痛かったり、
赤く腫れたりする事もあるみたいです。
心配な場合はGP(ホームドクター)に相談してください。

日本では行っていない予防接種は他にもあります。
予防接種の予定は内容などは明日書きます。
今日は、これからサラが熱を出すと思われるためこれでおしまいにします。
(サラが寝ている間にしか基本的にブログはできないので・・・。)



blogranking←クリックお願いします。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。