上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外で出産された方、へその緒ってどうされましたか?
へその緒を取っておくのって、調べてみたら日本独特の風習らしいんですね。
しかも、何の意味があるのかよくわからない・・・。
(知っている方教えてくださいm(._.*)mペコッ)

NZではマオリ族が胎盤をとっておき、苗木(Birth Tree)と共に植えたり、宗教的な場所へ埋めたりする習慣があります。その他の人種でも胎盤を取っておいて木の下に埋めたり母なる海へ返すという習慣があるので移民国家のNZでは助産婦と出産予定をたてる際に必ず胎盤をどうするか聞かれます

私の場合は、胎盤はいらないけど・・・、へその緒が日本人にとっては重要だからへその緒を取っておきますと言いました。
ただ何でだかもへその緒のどの部分が必要かも知らなかった・・・んです。

へその緒さて、なぜだかは知らないけど、
とりあえず日本人だからという理由で
私も親からしてもらったからとりあえずしておこう的な考えで
トイザラスでへその緒を入れる桐の箱を購入。


そして、出産当日。

何故か助産婦さんは胎盤から伸びている長い方のへその緒から10CM
くらいチョキンと切って、プラスチックケースへ。
生ソーセージみたいななんともグロテスクなふにゃっとした
へその緒を満足げに見て、出産に立ちあった母へ
『Here you are(はいどうぞ)』と手渡す・・・。
好意でやってくれたので『ちがーう!』とさすがの関西人の母も突っ込めず。
(ここで母の名誉の為に。母は在NZ15年、その前にイギリスにもいて
ケンブリッジ英検CPEを持つくらい英語はしゃべれるので英語のせいではないです。)


その後、家族会議の結果もらったへその緒は(><*)ノ~~~~~サヨナラ
(植物とかと一緒に埋めればよかったと今更思ってます)


ちなみに、普通日本人は赤ちゃんのおへそからつながっているへその緒の方を
切るときに長めに切っておいて取っておきますよね。
その後ミイラみたいに干からびてポロっとお臍からはなれた
物を桐の箱にいれておくんですよね。
長女のは3cmくらいしか最初から残っていなかったので
身体から離れた時はカラカラになって1cmくらいに・・・。
箱に収めたら大き目のハナ○ソみたいに・・・。
次女のはちょっと長めに残してもらったのにやっぱり
もうちょっと大きなハナ○ソ

今になって桐の箱に取っておくこと事態、疑問に・・・。
へその緒ってこの後、どうしたらよいのでしょうか?
教えてください。

応援してくださいクリック
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。