上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は、日本からお客さんが来ていた事もあり
本当にあまり時間が無くて
ほとんどブログの更新ができませんでした。

そして、昨日は子供達と一緒に日本へ帰る
お客さんを見送りに空港へ行っていました。
やっぱり、見送る場合はいつもちょっぴり寂しいです~。

1


オークランド空港の3階には子供を遊ばせる
ちょっとスペースがあります。
出発前にちょっと30分くらい遊ばせるなら良いかな?という
広さでしょうか?

それにしても、最近、サラがあまりに動くので、
マリサとサラの動きに気をとられすぎて
写真がぜんぜん駄目です・・・。
(本来なら没になるところですが、あまりにもそれでは
数が少なくなってしまうので、載せますが・・・。)

やっぱり、そのときの気持ちや焦りって写真にでるものですね。
もっと、落ち着いて撮りたいのですが・・・。
その場で設定を変える時間さえ、無くなってきている事に
気が付きました(^^;
設定が元々駄目なので、ちょっと納得がいかないです。

******************************

たまには、日本のおじいちゃんおばあちゃんに、
マリサの幼稚園の様子も知っていただかないと(笑)。

マリサの幼稚園(プレスクール)は、私立の幼稚園で
2歳から4歳(5歳の誕生日まで)通う事が出来ます。
NZの公立の幼稚園とはちょっと違い
時間もこちらでは少々長めの9時ー3時。

ですから、食事の時間も3回。
イギリス風に朝のモーニングティ、昼食、アフタヌーンティとあります。
日本の幼稚園みたいに、1ヶ月の献立が前もって渡されると言う事は
ありません。
その日の朝に、給食の先生が黒板にメニューを書いてくれます。
(おそらく、買い物の都合でしょう(^^;)

2


↑この日のメニューは

モーニングティ:バナナスコーン
ランチ:スパゲティボロネーゼ(ミートソース)
    ガーリックブレッド
    ブローコリーのサラダ
アフタヌーンティ:アイスビスケット&りんご

です。

私がこの幼稚園に決めた1つの理由として
この幼稚園は栄養士の先生が1つ1つ手作りで
給食を作ってくれるという所にありました。
朝のスコーンまで、手作りで粉から練って焼いてくれます。
(実際に私も食べてみて美味しかった♪です。)

栄養面では、確かに日本の幼稚園にはかなわないかもしれませんが、
こちらの幼稚園では上出来かな?と思いました。


他の写真は、子供達の作品ですが、
壁のいたるところに子供の作品が貼ってあり、
たまに、マリサのものが混じっていると嬉しくなります☆彡
(この日は、世界の国について学んだようです。
日本もきちんと旗と共に紹介されていました。
マリサの幼稚園には10カ国以上のお友達や先生がいます。)
*ちなみに、幼稚園で両親が日本人はマリサだけ。
 他に、下のクラスにママさんが日本人のお友達がいます。


****************************


週末はお出かけしていましたが、その様子はまた明日以降に。
... 続きを読む
スポンサーサイト
さてさて、今日は実際に行動編です。
いろいろ、気をつける事を頭に入れておくと、
子供連れの飛行機旅行だって、それなりに楽しく過ごせると思います(?)



予約時

バシネット(赤ちゃん用の寝るベット)を予約する事を忘れずに!
体重制限、年齢制限もありますので、予約時に確認してください。
座席はエコノミー席ではスクリーン前になると思います。

隣の席はブロック(人が来ないようにしてもらう)と後々助かると思います。
ただし、満席ではブロックできませんので
空いている便を狙う事。



当日

チェックイン時


手荷物を預ける際に、再度座席の確認&隣席のブロックをお願いする事。

子連れの場合、これは私の意見ですが、
一番後ろのコンパートメント(後部ギャレー(キッチン)のすぐ裏)
のスクリーン前の席が良いと思います。(B747の場合)
(ここにはバシネットも2つ付いています。)
乗務員が常駐するギャレーの近くは、
何かと頼みやすく助かりますし、
子供が泣いて困った時は
最後尾の通路が人の迷惑にもなりにくく、
また、一番後ろには乗務員が寝る仮眠室の入り口があるので
乗務員が通りかかりやすく、
困った母子に声を掛けやすいエリアであるからです。
また、最後尾のトイレが一番広いです。



空港内
早めに入国審査をすませ、その奥にある子供用のプレセンターで
思いっきり遊ばせる。
(場所がわからない場合は空港のインフォメーションで聞くと
丁寧に教えてくれます。)



搭乗時

搭乗する際に『小さいお子様をお連れのお客様は優先してご搭乗~』
と、一番最初に搭乗できるように放送で言われますが
ここで搭乗して良いのは、半年以下の動き回れない赤ちゃんだけでしょう


それ以上の赤ちゃん&お子様は、他の乗客が乗り込んだ後の
方が無難です。最初に飛行機に乗り込んでしまうと
出発までに30分くらいかかってしまい、その間に子供が飽きて
しまう可能性があり、本当にシートベルトをしなくては
ならない時に、嫌がる可能性が捨てきれないからです。



離陸時

赤ちゃんは耳抜きが自分で出来ないので、離陸時は
おっぱいやミルク、その他の飲み物他おしゃぶりなどで
つばを飲むように促して、耳抜きが自分で出来るように
してあげると良いと思います。



機内で


立ち上がるのは基本的にベルトサインが消えてから。
ベルトサインがついたら速やかに席に戻り
シートベルトをすること。


また、サービス用のカートが出ている時は歩き回るのは、
大変に危険です。
熱い飲み物が子供にかかる事もあり、大事故になる事もあるので
サービス中は座席で。
子供が騒いで座席にいるのが他の乗客の迷惑になると
思われる場合は基本的に最後尾の通路にいるのが良いでしょう。
ただし、カートが出ている間は移動しない事。
カートがいなくなったときを見計らって・・・。


機内を歩き回るときは、夜便は機内の明かりがついている間のみにする。
映画が始まったら迷惑にならないように。


昼便で機内を歩く&ハイハイさせるときは、
客層をある程度見て判断した方が無難です。
ビジネス路線ではあまりしない方がよいでしょう(^^;)

トイレは混んでいないときに使用した方が良いです。
食事の後が一番混みますね。


着陸時

離陸時を参照してください。



到着時

飛行機を降りるときも一番最後にゆっくりと。
忘れ物がないかどうかも確認&子供が散らかした物は基本的に片付ける。



到着後空港で

荷物を預けている場合、手伝いが必要な場合は
空港職員に声を掛け、子供を見てもらったり
実際に荷物を取ってもらったりすると良いと思います。


kuma←今までニュージーランド航空の機内でいただいた
くまさんの数々。今でも、大切に遊んでいます♪

ある程度の心構えを頭に入れておくと、
母子ともに快適なフライトを臨めると思います。

応援お願いしますクリック
... 続きを読む
marisakabanマリサ、ついに幼稚園の無い日まで
『よーちえん、いくっ!(幼稚園行く)』
と言い出しました・・・。
しかも、朝から幼稚園バック自分で背負ってます・・・。

実はこのバック、何を隠そう
ニュージーランド航空の機内の子供用に
配られるアメニティの一つでした(^^;)

幼稚園へ行く事が急に決まったので
(詳しくはここ
かばんなどを買う暇もなく、家にあったこのバックを
初日からもたせておりますが、
その後、気がついたら、ずーーーーっつとこれ、使わせちゃってます('〇';)
ちゃんと、幼稚園バック買ってあげないと・・・・。





昨日に引き続き、今日は飛行機の旅行での持ち物編。


ニュージーランドまでは、
直行便の成田=オークランドで11時間から12時間です。

(しかも、オークランド直行は週2本しかありません。
その他はクライストチャーチ経由ですが14時間以上かかりますから・・・、
私はこの数年は直行しか乗っていません。)




そんな、長い間乗るのですから、用意も結構、周到にしています。

・ストローラ(バギー)&抱っこ紐
機内に乗り込む手前まで使う事が出来るのであると便利です。
チェックインの時に、機内手前で預けます、と言っておかなくてはなりません。
空港内は結構広いのであると助かります。
抱っこ紐はNZの空港についてから荷物カウンターでストローラを
受取るまであると便利です。


・オムツ10枚くらい&おしりふき
はかせるパンツタイプのものがお勧めです。
機内のトイレのオムツ替えの台は、かなり小さめで
2ヶ月の時に横にさせて使いましたが、そのときが精一杯!
次からは、立たせた状態で履き替えさせました。
お尻拭きはいざという時にウエットティッシュの代わりにもなるので
多めに持っていたほうが無難です。


・ミルク&水筒(魔法瓶タイプ)
母乳の方には不要です。
粉ミルクの場合は、機内で作ってもらうと
ニュージーランド航空では熱湯を哺乳瓶に入れられました。
(それじゃ、飲めませんからーー!)
日系の航空会社では考えられない事ですが、こういうこともあったので、
2度目からは水筒持参で空港で、適当な温度にしてお湯を持っていました。


・マグマグやストロー付きのコップ
普段使い慣れたものが一番かと思います。
ちなみにニュージーランド航空にはストローは搭載されていません。
ただし、マグマグの替わりのようなコップがあります。


・お弁当&お菓子
私は8ヶ月、9ヶ月、17ヶ月の時はお弁当を作って乗り込みました。
機内で出される食事を嫌がって食べない可能性もありますし、
食べないとお腹がすいて泣くと思われるので・・・。
パンなど保存の多少きくものや、好きな物を作って持っていました。
お菓子は、ちょっと固めのお煎餅やティージング用のクッキーなどが
時間がかかって食べれるので良いと思います。


・着替え2-3着
何が起こるかわかりませんし、
寒ければ重ね着をさせる事も可能です。


・バスタオル
毛布代わりにも使えますし、色々あると便利です。


・ビニール袋数枚


・おもちゃ&絵本
お気に入りのもの&新しいものを折り混ぜて4-5個。
絵本も最低3冊は持ち込んでいます。


・ホームビデオ
ホームビデオにお気に入りのビデオをダビングして
撮る為では無く 見せるために持っていきました。
これは結構時間稼ぎにもなりますし、
音も飛行機のごぉぉという音にかき消されて
迷惑にはなりませんでした。
17ヶ月でのフライトでは、これが一番役に立ちました。



marisaoekaki次回のフライトでは、
←このお絵かきボードを持ち込もうか検討中。

他にも、良いアイデアがあれば教えてください☆

応援お願いしますクリック
... 続きを読む
2005.09.28 飛行機の心配
エアNZ
目下の私の悩みは、このちびっこ2人を連れていつ日本へ一時帰国しようか・・・と計画すること・・・。

普通は、日本行きというと、楽しみなんですが・・・・、
今は正直、この2人を飛行機に乗せて帰るなんて・・・(>_<)



今年は幸いにして、義父&義姉が10月末にこちらに
遊びにきてくれることになりました。
ですから、今年は我々、日本には戻りません。

しかし、義母は体が少々弱くこちらには来る事が難しいので、
まだサラには会った事がありません。

義両親にとって孫は我が家の娘達だけ。
その孫かわいさに、沢山のおもちゃやキャラクターグッズ、
そしてテレビで録画した沢山の子供番組を
ダンボールにいっぱいつめて毎月送ってくれています。
本当にありがたいです。

そして、義母にも早く娘達を会わせたいな、と思っています。
ですから、帰国の予定も立てないと・・・。




みなさんもよくご存知だとは思いますが、
子供は2歳以下だと航空運賃は大人の1割程ですが、
2歳の誕生日を境に子供料金で7-8割りに跳ね上がります。
ですから、サラちゃんの帰国は2歳前・・・、ですよね・・・。
やっぱり、帰るのは来年の10月前ですね・・・。


子供を乗せての飛行機、マリサを連れて私は何度か経験しました。
()内はメンバー


①生後2ヶ月・・・日本へ昼便(私・パパ・母)
②生後8ヶ月・・・NZへ夜便(私)
③生後9ヶ月・・・国内線クライストチャーチへ(私・パパ)
④生後9ヶ月・・・日本へ昼便(私)
⑤生後17ヶ月・・・夜便(私(妊娠34週)母)




①生後2ヶ月


今思えば2ヶ月の時のフライトが一番楽でした。
初めて子供を連れて乗せる事もあって
少々緊張してサイトで子連れの旅行を調べまくりましたが、
飛行機のごおおおおお、という音が
お腹の中にいたときの音に近いらしく、
よく眠ってくれました。
私達も、映画も見れました。



②&④生後8-9ヶ月

二度と、思い出したくないフライトです・・・。
8ヶ月でマリサ、かなり動くようになっておりまして、
とにかくじっとしていられない&寝ない・・・、で大変でした。
しかも、この時は私一人だけでしたし・・・。
事前に、NZにいる間に赤ちゃんが眠くなる薬を
もらっていたので、飲ませたのですが、これが失敗でした・・・。
興奮している上に、眠くても眠れない・・・、ということになってしまい、
NZ行きの夜便の飛行機はほとんど泣いたまま・・・。
私は一番後ろの席でずっと抱っこしたまま立ちっ放し・・・、
という恐ろしいフライトになってしまいました・・・。
昼便で日本へ帰るときは、ひたすら通路でハイハイしておりました・・・。



⑤生後17ヶ月

この時は空港のプレイセンターで、
とにかくへとへとになるまで遊ばせました。
薬も前の経験から飲ませず、
ご飯もいっぱい好きな物を食べさせて、
よく寝るように環境を整えました。
私が妊娠34週ということもあり
(英語での診断書がこの時はいります)
周りのスチュワーデスさんも随分気を使ってくれて
快適に過ごせました。
ただし、しっかり歩けることもあり、
飛行機の中を何周もさせられました(^^;)
映画も2本見る事が出来て、前回よりはマシでした。



上記の経験から、2人を連れて帰るのは結構勇気が要ります。
みなさん、2人以上連れて帰国する場合の心構え、
どうか教えてください(>.<)

明日は、飛行機旅行で必要なことなど書きたいと思います。

応援お願いしますクリック






... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。