上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.09 イチゴ狩り♪
今年はとても天候が不安定で
真夏なのに肌寒い毎日が続いています・・・。

今年も苺の季節がやってきたので
この不安定な天候でもどうかなぁ・・・、と思いながら
イチゴ狩りへ行きました・・・。

(去年の記事はココ

1-1-9-2007


場所は去年と同じ
Goldflats Lane, Riverhead

AM9-PM4:30
(入場はPM4まで)
1kg $6 

今年は天候もイマイチなので
苺の粒もちょっと小さめ・・・。

2-1-9-2007



畑から採った苺は甘くてお店にうっているものとは
比べ物にならないくらいに美味しいので
実は我が家、今回で今期2回目♪


天候がこんな調子なのですが・・・、
結構争奪戦!

今年はサラも戦力になるので
家族で楽しみましたヽ(*^^*)ノ


この苺摘みの最中に、マリサが初めて自分1人で1から100まで
数える事が出来ました~。
成長したなぁ・・・と思います!!!

3-1-9-2007


イチゴ摘みの帰りにはカフェで一休み♪


The BeesOnline Honey Centre & Café

791 State Highway 16, RD3 Waimauku
Auckland 0883, New Zealand
Ph 64 9 411 7953
Fax 64 9 411 5216

4-1-9-2007


ここのカフェはハイチェアがあって、
蜂の巣箱や実際の蜂の巣&蜂が見学できて
子供も楽しめます~♪
スポンサーサイト
今週は先週出かけられなかった分、ばたばたと忙しく
なかなか更新できませんでした。

記録として、サラの成長をちょっとだけ・・・。

8月17日に初めて自分から
『う○ち~』とする前に言って、
(してから報告してくれる事はしばしばなのですが・・・。)
おまるへ自ら座りできました!!!
快挙!(親ばか全開で申し訳ありません・・・。)
パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチ

ですが、それは1回だけで昨日今日は出かけていた事もあり
報告無しでした(^-^;

そろそろ、トイレトレを本格的にやってあげた方が良い
タイミングが来たのかも!と何となく
母親の感で、そう思います。

マリサはもっともっと、遅かったのですが、
サラは何でもマリサの真似をしているだけあって早いのかも・・・。

*******************************



そして今日は、朝早くに起きて友人家族と潮干狩りへ行ってきました。

1


今日はせっかく週末なのに急に寒くなって
冬に逆戻りの感じでした・・・。

2


そして、我が家の娘達・・・。
せっかく海に遊びにきたのに寒かったからか
全くやる気ありません・・・(゜O゜;

友達家族がもってきてくれたそりに乗り込み
ひっぱってもらう・・・、本当に申し訳ございませんでした~。


潮干狩りで取れたのはクックルと言う前にも紹介している
アサリの味のする貝で、
これでお味噌汁やボンゴレを作るとまさしく!!!アサリ!という貝です。


この取ったクックルを餌に
今度はちょっと場所を変えて、釣りに・・・。
(潮干狩りでドロだらけになったので娘達は全身洋服をとっかえました。)

うちの娘達は、横から釣れたお魚を覗いたり、
桟橋の下で遊んだり・・・。

3


もうちょっと、温かくなれば、もっともっとNZの自然を
満喫できるのに・・・。
あとちょっとの辛抱ですね・・・。
... 続きを読む
オークランドは四方を海に囲まれているので
比較的簡単に海の幸を手に入れる事ができます。

我が家も、海の幸はお魚でも貝でも大好き☆


というわけで、友達家族と一緒に潮干狩りをしてきました。

夏の間よりは寒い時期の方が貝は美味しく
これからが本当の潮干狩り時期でしょうか?


今回取りに行ったのはクックルというアサリに似た貝で
われわれ家族頻繁に取りに行っていますので
過去の記事はこちら



秋から冬への空になりました。

2


オークランドの中心部よりは
郊外へ出たほうが粒も美味しくて新鮮な水を吸って生きている
貝に出会えます。

というわけで、私達はオークランド市内から東へ1時間くらい(?)
のところにあるマラエタイというところ(Maraetai Beach)。

3


ビーチによって、貝や魚の1人あたりの捕獲量は
決っています。

(詳しく知りたい方はこちら

このビーチでは1人50個までです。
(干潮の時間1時間くらい前から取れる場所が現れます。
取れる場所はかなり限られているので
行きたい方は干潮の時間へ行くと取っている人がいるので分かると思います。)

4


東京で生まれ育った私と違って
マリサやサラは自然に囲まれて育っているせいか、
ヒトデなんかも簡単に捕まえます。
本当に田舎の子、自然児そのものですね(*^^)

5


もちろん、このどのビーチで潮干狩りをしても無料です

取りにくる人は、一番多いのはパシフィック系や地元のマオリ系の人々。
アジア人でも韓国人や、中国系でも沿岸部の出身の人、
そして、ヨーロッパの人でも沿岸部出身の人ばかりで
地元のKIWIはあまり食べない人が多いようです。

実際に、取ってきた後でKIWIのお友達などにあげようと思っても
『うちは貝は食べないから~』と言われる事もしばしば。
(そうなの???)

1




オークランドだけでなく、NZ全体でこのクックルは取る事ができます。
場所によってはピピとか岩についている牡蠣も取る事ができます。
... 続きを読む
今週は、なんだかPCの前に向かえる時間が
極端に少なくて、更新もあまり出来ませんでした。
更新をしていないのに、覗きにきてくださった方々本当にありがとうございます。

マリサもかなり元気になり、今回は家族の誰にも
風邪はうつらずにすんだようで、良かったです♪



そして、今日は、午前中にお友達のmichikoさんが家へ
届け物をしてくれた際に、
午後は『イブンカな日々』のSATOさんの家の近所で
オリーブが収穫できるから収穫してくる!
というお話の流れで、ご一緒させていただく事に。

(大勢でおしかけて、すみませんでした>SATOさん)



1


なんと、SATOさんのご自宅の近くの通りの街路樹が
全部、オリーブの樹でして、
今そのオリーブの実がちょうど収穫時期。
(収穫ができる街路樹が近くにあるって凄いと思いません!!?)

オリーブの樹は1年おきに実が成るとのことで
(他にもそういう果物などあると思いますが。)
今年は、沢山なる年。来年はなりません。

オリーブを沢山収穫したので、
これから、オリーブ漬けに取りかかります。
とは言え、今までに一度もオリーブとは
あまり縁のない食生活の我が家(純日本人なので)(笑)。

SATOさんのご主人様が書いてくださったメモを頼りに
これから、オリーブを漬けるのですが・・・、
最初に10日間、水に浸したり、その後塩に漬けたり・・・。
食べられるのはオリーブがよく漬かった
数ヶ月先のことになりそうですが
初めて作るので上手く漬かるかドキドキです・・・。

皆が、収穫したばかりのオリーブの実を試しに食べていたので
子供達も食べてみましたが、もちろん『渋~い』んです。
サラは半泣きになってしまいました(^^;


子連れでしたのに温かく迎えてくださったSATOさん、
動向させていただいた、michikoさん、ありがとうございました。
... 続きを読む
2006.04.01 秋の収穫
ニュージーランドは秋になってきましたが
まだまだ、日中、暑い日が続いたりしています。

秋といえば収穫の秋♪

日本では馴染みのないものですが、
こちらではとてもポピュラーなトロピカルフルーツ☆フィジョア!が
今、シーズンです。
お店にも随分並んで来ましたね。

1


これ↑ですが、我が家にも小さい木があって
家族が食べるくらいは充分収穫できます♪

調べて見たらこのフィジョア、グァバの仲間なんだとか・・・。

木から落ちたくらいが食べ頃なので、
落ちた物だけ拾います。

2

↑切り口はきゅうりのようですが、
味はさっぱりとした甘酸っぱいメロンの感じでしょうか・・・?
半分に切ってスプーンですくって食べます。

前にマリサが植えたレタスやバジル等、かなり大きくなりました。


7


それから今、我が家の唐辛子もかなり旬です。
こんなに使えませんので、欲しい方は遊びにいらした時に
持って帰っていただきたいので遠慮なさらずに
おしゃってください。よろしく♪
... 続きを読む
2006.02.03 桃の収穫!
昨年の3月にこの家に引っ越してきたのですが、
家に桃の木があった事を、私もパパも最近気づきました・・・。

というわけで、鳥さんに取られる前にマリサをパパが肩車して収穫です。



1




























『こんなに取れたー♪』と
かなり満足げなマリサ。

早速味見ですが・・・、もうちょっと置いたほうが
甘味が増しそうです・・・。

2



























家で収穫できるって楽しい♪です!







... 続きを読む
1家族で昨日はイチゴ狩りに行ってきました。
オークランドの郊外にあります。


場所は
Goldflats Lane, Riverhead

AM9-PM4:30
(入場はPM4まで)
1kg $6 
他に箱代が50cかかります。




日本と違って温室などではありません(笑)。
一面、イチゴ畑が広がっています。


2






























摘んでいる間中、イチゴの甘い香りが漂っています。


もちろん、マリサもサラもイチゴがなっているところ
見たのは初めて♪
しかも、スーパーで売っているものよりも数段甘く、
その場で摘んで食べてもOK。
もちろん、その場で食べるのはいくら食べても無料です。

あまりにも甘いので、うちの子どもたちもその場で
パクパク食べていました(*^-^)


3






























30分くらいで、充分に摘んで、
イチゴも沢山食べて、
子供達にはちょうど良いアクティビティになったようです。

もちろん、沢山摘んだイチゴは
実家や友人におすそ分け。
みんな喜んでくれました☆

4















... 続きを読む
2005.09.20 収穫♪
mikantree

我が家の庭の片隅にあるみかんの木に
沢山の美味しそうなみかんがなっています。

今日は収穫することにしました。

どれが、甘そうかな・・・?
一生懸命吟味して・・・・

marisa3


ママ、は~い、とれたよ。

marisamikan2

マリサが頑張って収穫したみかんは山盛りに。

mikan


こういうことができる環境にいるというのは
本当に東京育ちの私には考えられない嬉しい事です♪

オークランドは比較的都会ですが、
住宅地には庭のある家がほとんどで、
こうやってみかんやグレープフルーツ、レモンなどが
これからの季節あちらこちらの家で取る事ができます☆


その後・・・、みかんは・・・・、

sara1sara2

興味があるものには最近一目散に飛びつくサラ。
来月で1歳なので、そろそろ目が離せない時期に突入です。

mikankoboreru

ああ、やっぱりこうなっちゃった・・・・。



... 続きを読む
海昨日はパパが午後から家におりまして、
マリサも幼稚園のない日でした。
天気も良いし、随分暖かくなったので、
marie家全員で潮干狩りに出かけました!

出かけたのはmaraetai beach という我が家から車で30分くらいの所。
このビーチはリゾート見たいで、桟橋などがあり、
しかも、結構穴場なのでmarie家族大好きな場所です。


パパが最初にニュージーランドに私の両親に結婚の挨拶にきた8年前に
私が一番大好きな所として案内した場所です。


以来、こちらに家族で引っ越して来てから夏になると
毎週のようにこのビーチで過ごしています。

そして、このmaraetai beachをしばらく車で走ると
なんと絶好の潮干狩りポイントがあるのです!!!


看板ここではクックルという名前のアサリのような貝が沢山とれます!

ただし、この看板で見ていただいてもわかるように一人50個と決められています。
しかも、英語でPer Gathererと書いてある通り
自分でとれる人だけです。
当然赤ちゃんは無理ですからサラは人数に入りません。

ニュージーランドでは貝だけでなく
魚も大きさやとって良い数が厳しく決められています。
詳しくはここ

ニュージーランドは世界的にもかなり厳しい釣りの規制があります。
破った場合は重い罰金が科せられます

それは、乱獲を防ぎ自然を保護する為、
そして、もう一つは歴史的な問題ですが、
先住民のマオリ族とイギリス人との取り決めにより
海はマオリ族に属する為それ以外の人は個数を決められています。
ですから、マオリの血をひく人はどこでも何個でもとり放題(^^;)という
ちょっとびっくりな法律があります。


散歩昨日は平日ということもあり、
なんと潮干狩りをしている人はゼロ!!!
もともと人口も少ないので、
日本のように潮干狩り場なんていうものも
こちらにはないのですが・・・。

犬の散歩に来ていた老夫婦だけでした。

りなだーれもいないので、あっという間に100個くらい集まります。
15分くらいで潮干狩り終了・・・。

何ともあっけないのですが、これを商売にしたり
必要以上にとったりしないところが
ニュージーランドの良い所でもあります(*^^*)



また、面白い法律がもう一つ。
海で取った魚。
我々、日本人にとっては当たり前の生け作り。
あれはニュージーランドではご法度です。


昔、オークランドの日本食レストランで
この生け作りを出したところ
ニュージーランド人が、
まだぴくぴくしている魚を出すなんて、残酷極まりない!
絶対にこんな風習はなくすべき!と裁判になり、
結局、魚の生け作りはニュージーランドでは法律違反なったのです。
むやみに、生き物に苦痛や痛みを与えてはいけないと
いうことが理由だそうです。
(あの生け作りは苦しんでいるわけではないということが
裁判で立証できなかったらしいです。)

目下のところ、ニュージーランドで鯨問題においては
目の敵になっている日本。
正直、鯨をまったく食べた事のない世代の私としては
もし、この問題をニュージーランド人に聞かれたら
めちゃくちゃ困ります・・・。
幸い、皆、気を使っているのか聞かれた事はありませんが(^^;)

文化の違いは難しいですね・・・。

クックル取れた貝はこんな感じです。
まずは、実家におすそ分けして、母に美味しい物を作ってらう魂胆です♪
味は、まさにアサリそのもの。
今日はお味噌汁に入れて食べました。


... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。