上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サラは最近ますますおしゃべりになり
それに加えて
『いや!』『No』という言葉が
多くなりました。

これは、俗に言う、第1次反抗期なのでしょうか?
1


2人目は何でも早いと言いますが、
本格的な反抗期も早めにやってきたようです。


何でも『いやいや』は成長の証、と言われても、
2人目で多少の余裕があるとはいえ、
朝からイヤイヤ連発の
反抗期の娘とずっと一緒だと
『早く幼稚園へ行ってもらいたいな~♪』などと
心の隅で思ったりします(笑)


マリサの時は、2歳くらいから2歳半くらいで
おさまったので、
サラも半年くらいでおさまってくれると・・・、
なんて甘い期待もありますが、
こればっかりは個人差が大きいですからね。



どうなるでしょうか・・・?


2

こうやっておとなしく遊んでいてくれる時は
良いのですが・・・。
(冬になってからおうちでの写真が多くなりましたね・・・。)


反抗期でも何でも、
毎日少しでも楽しく過ごしたいので、
うちではよく音楽をかけていますが
一番よく聴くのはこれです。

楽しい英語のうたベスト60
楽しい英語のうたベスト60英語の歌(教材用) ケント・チルドレンズ・コラール ダフネ・シェパード

おすすめ平均
stars明るく楽しい曲調のマザーグース集
stars歌詞カードもあり、便利
stars思わず口ずさむ
starsブリディシュアクセント
stars”Z”は”Zed” でしょ!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お恥ずかしながら、
マリサの時に参加した地元のプレイグループやミュージックセッションで
よく歌われる歌、わたしは1つも英語の歌詞を知りませんでした~。


あわてて、買ったCDがこれです。


イギリス英語のCDですが、日本版なので
しっかりと歌詞がついていて
(こちらで買うと歌詞がついていないものがほとんどです。)
これがあれば、かなりこちらで歌われている歌が
カバーされています。



マリサの時は、ママも覚えなきゃー、という気持ちで
車に乗った時はいつもこのCDだったのです。


わたしが一生懸命歌って覚えていたので
一緒に車に乗っていたマリサもよく聴いていたようで
マリサは2歳前頃からこのCDに入っている歌を
普段でも歌うようになりました。


そのおかげからか、現地の幼稚園に入ったときも
すんなりと、他のお友達とお歌の時間に歌も歌っていたようです。


もちろん、英語の歌だけでなく
我が家は日本人の家なのでもちろん日本語の歌の方が
沢山歌っていますが
どちらにしても、このサラの反抗期、早く終わりますように・・・(切実・・・。)







... 続きを読む
スポンサーサイト
一昨日、義母が送ってくれた
日本からの荷物にマリサをトリコにするものが入っていました。

*******************************************************************


写真を見る前に人気ブログランキングクリックして頂けると嬉しいです!
クリックしてから先に進んでいただけると助かりますm(._.*)mペコッ
1クリックでこのブログのランキングが上がる仕組みです。
ご協力お願いします。


********************************************************************

きってみよう
きってみよう
くもん出版 2003-06
売り上げランキング : 91,461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
おってみよう
ぬってみよう
はじめてのえんぴつ―2・3・4歳
きってはってこうさくブック〈1〉
ぬってかいてなぞっておえかきブック〈1〉


日本のこういうグッズは子供心をくすぐるように
できていますね。

絵も、子供らしくてかわいいし、
何より子供自ら、もっともっとやりたーーーい!
と思う工夫が沢山です。

マリサの場合、1つできるごとに『やったね!』シールが
貼れるので、どんどん切りたい病になっています(^^;


1

マリサは、前に書きましたが、
今のところはさみは完全に左で持っていたのですが、
この本で、こうやって持つんだよという絵と一緒に
練習したら、はさみは右で持ったほうが切りやすい
と自分で判断したらしく(右利き用はさみなので)
右で持つ事も多くなりました。
両方できればラッキー思っているのですが
こうやって、自分で判断して右利きになっていくのかな・・・?


私、子供のころ、ドリルって大嫌いだったのですが、
こういうドリルなら楽しいかも!です。

マリサは今のところ、家に帰って来たら
この本のことしか頭にないらしく、
『ちょきちょき、するのー』と言ってききません。

はさみは、私と一緒にいる時しか持たせていないので、
私の時間がかなり減ります・・・・(-_-;)

お値段も1冊500円とかなり良心的。
他にもいろいろなシリーズがあるので、
お願いして取り寄せようかな?と思うくらいです。

2


サラもマリサの後につづけと、お絵かきのお稽古に
余念がありません!?

応援お願ねがいします
人気ブログランキング☆へ。


... 続きを読む
2006.02.15 絵本大好き!
うちでは毎晩寝る前に、
娘達にそれぞれ絵本を4-5冊読み聞かせしています。

サラも、今まではおっぱいで寝ていましたが
断乳をしてから必ず寝る前に本を読む事にしました。

ただ、年子と言っても、まだまだ同じ本を
同じように読み聞かせするにはちょっと早すぎるので
私がマリサに読み聞かせをするときは
別室でパパがサラに読み聞かせ。
(その逆もあります。)


もちろん、本は全部日本語です
(義母が日本から毎月2-3冊送ってくれるので
助かっています。)
たまに、図書館で借りてきた本や絵がかわいくて
こちらで買った洋書もありますが、
そんな時でも、絶対に日本語で話しています


マリサくらいになると、自分で好きな本を選ぶのですが
英語の本を選んできたときは、
私が適当にお話をつくったり、はしょったり(笑)
適当に翻訳したり・・・、絶対に英語でそのまま読まない事にしています。
それをしたら『1親1言語制度』が崩れてしまうからです。
(詳しくはバイリンガル教育の記事を)
英語での読み聞かせは幼稚園の
ストーリータイムで補っています。



1





















最近のマリサのお気に入りは
『はらぺこあおむし』の作者の本。

パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって!エリック カール もり ひさし

おすすめ平均
starsMoonに行きたい
stars迫力満点!おもしろ仕掛け
stars早すぎた…
stars電車のお出かけに
starsPAPAの本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




この本はちょっとした仕掛け絵本になっていて
3歳児にはちょうど良いくらいです。
絵もカラフルでとっても素敵です。


一方サラのお気に入りは
同じ作者のものです。

沢山の動物が出てくるので、
ひとつひとつ鳴き方を真似できて、
最近ではリクエストまでしてくるようになりました。

くもさんおへんじどうしたの
くもさんおへんじどうしたのエリック=カール もり ひさし

おすすめ平均
stars題名がちょっと・・・
starsコミカルな絵ときれいなクモの巣
stars手で触れても楽しめる絵本
stars手で触れて楽しめる1冊・・・!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






パパが帰りが遅くていない時は
私一人で2人の娘達が好きな本を1冊づつ読んでいます。
マリサにとってはちょっとレベルが下がってしまうんですが・・・。

今日も、5冊読んでのどがカラカラ・・・。


今まで気が付かずに来た方にも。
どうか、ポチッと最後に
応援お願ねがいします
人気ブログランキング☆へ。


こちらのリンク先へクリックしていただくと
marieの順位が上がります。
上がると、皆様に読んでいただいている、
支持して頂いているということで
大変に励みになります!

やっぱり『子育て』カテゴリは激戦区(泣)
届きそうで届かないトップ10・・・。
皆さんのクリックが沢山必要になります!

クリックしてくれたら本当に嬉しいです!


... 続きを読む
我が家は日本人夫婦なので家の中では100%日本語です。
娘達が生まれてからも変わりはありません。

ただし、外へ一歩でればすべて英語の世界ですし、
特に、今まで日本人プレイグループなどにも参加していないので
お友達も全て英語で話す環境というなかで
娘達を育ててきました。

マリサは、1歳代には英語での挨拶、
そして、英語圏の子供が歌う歌を英語で歌うことができました。
ただし、英語のみで育っている子供より英語はぜんぜん話せません。


日本語はどうかと言うと、
話す相手は親や近くに住む私の両親、そして日本人の友人にのみ
ですから、英語よりは日本語の方が断然上手いですが
同じ年頃の日本で育っている日本のお子さんよりは
若干遅いのかな?と思っています。




1-2こういう、
言葉が少々遅いと言うことは
バイリンガルの環境にいる子供には
良くあることだと知っていたので
さほど大きな問題には
今の所はしていません。





じゃあ、このまま行くと
間単にバイリンガルになれるわね、
うらやましー、
と、よく日本の方に言われることも
ありますが、
私は現実はもっと
大変なのではないかと
思っています。


1-1こちらで今まで見かけた
バイリンガルの子供には
いろいろなタイプの子供がいます。


①日本語も英語も違和感なく両方話せ読み書きもできる。

②日本語は話せるが、読み書きとなると英語のみ。

③日本語は片言で、主な言語は英語

④日本語は聞くことはできるが
 話したり読書きは全く駄目。





その子の年齢やその家庭環境に
よってもだいぶ違いますが
日本人同士の夫婦の家庭そだっても、
③④の場合もあります。



私は、自分の娘達には日本人の誇りと文化を持って欲しいと
強く思っていますし、言葉に関しても
話すだけでなく読み書きもきちんと日本人として
違和感のないほどに身に付けてもらいたいと切実に思っています。
(理想は高く(笑))。



ですから、今までに何冊かバイリンガル教育の本も読んできましたし、
諸先輩、特に、お子さんをバイリンガルで育て、
しかも、かなり完璧に読み書きまでをマスターさせた
お母さんなどに相談したりすることも多くしています。




そして、どの本でも先輩お母さんの経験談でも多く皆さんがおっしゃっていること。

・1人1語制ルールをつける
 (お母さんは日本語だけなど。)

・日本語が出来るとどれだけ楽しいかと言う経験をさせる

・日本語を教えると同時に文化の継承をする

・日本人であると言う誇りを持たせる



特に、1人1語制は皆さん強くおっしゃっています。

私も、マリサが最初、英語で話すお友達に日本語で話しかけたり
していたこともあるので、私がマリサに英語で話して
英語をもっと教えたほうが良いのかと思ったこともありましたが、
それは1人1語制のルールを曲げる事になり、
かえって言語の混乱を起こさせる原因になることがわかってから
やめました。

英語は、外の世界でこれから嫌でも覚えていくでしょう。





2-2私が今、マリサに言葉の教育としてしてあげているのは
日本語の教育が主です。

60年代頃の研究では2つの言葉を教えるのは
脳に混乱を招くからやめたほうがよい
先に、母国語となる言語を徹底的に教えたほうが良いという
考え方もあったようです。


しかし
昨今の研究では
1人1語制のルールさえ守れば、
2つの言葉がどちらも母国語になり、
どちらもしっかりと根付く
という考えが主流
のようですね。
(逆にこのルールを守らないほうが
脳に混乱を起こしやすくなるらしいですね。)

どんな、ご家庭の様子にも対処して、
どういう方法で言葉を伝えて言ったら良いのか
という統計的な研究をもとに書かれた本で、
私が参考にしているなかで一番のお勧めはこれです。


バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること
4757402821中島 和子


おすすめ平均 star
star一般の方にむけた、バイリンガル、バイリンガル教育の本です。」
starバイリンガル教育の落とし穴にも目を向けた冷静な視点

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ただし、バイリンガル教育は、
他の育児と一緒で、本通りにいかないものと
私自身、肝に銘じております。


今の所は、家では日本語、外では英語、
1人1語制のルールで頑張っています。
が、少しでも合わないな、と感じたり
マリサやサラの言語に問題が出て来たら、
その場、その場で最良の方法を選択していきたいと思っています。


今後、言葉の問題に関しては、
体験や感じたことを書いて行きたいと思っています。

応援お願ねがいします!
クリックしていただくと、
このブログのランキングの順位が上がります♪
順位が上に行けば行くほど、励みになりますので、
よかったら、クリックお願いします。



... 続きを読む
昨日、マリサを幼稚園に迎えに行くと、
なんと、マリサ、まだお昼寝から起きていなくて
何だか様子がおかしい・・・。



幼稚園で先生が、熱を計ってくれた時点では
熱がなかったので私に電話をしなかったらしいのですが、
家に帰ってから、どんどん熱が上がり、
今日は、ダウン。
昼の時点で39度ありました。



今年になってから、何度目???
というか、毎週、熱が出ているような気がするこの頃・・・。


幸いな事に、ぐったりするわけでも、
食欲がないわけでもないので
寝かしております。

また、幼稚園で風邪をもらってきてしまったようです・・・。


お互い様、とはいえ、幼稚園に通い出してから、
熱、出しすぎ・・・。




マリサが寝ているのを良い事に
昨日は、夜、ビデオ鑑賞。(悪い母親だ・・・。)

4140054840ハルとナツ―届かなかった手紙
橋田 寿賀子

日本放送出版協会 2005-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



先日、日本で放送された『ハルとナツ』という
テレビドラマを義母が録画してくれて、日本から送ってくれました。


NZでもWTVを契約している家ではNHKの海外放送が見れるのですが、
我が家は、
義母が定期的にDVDやビデオに日本の番組を撮って
その他の荷物と一緒に2-3週間に1度という
すごい頻度で送ってくれるので契約していません。
(ありがたいです♪)


ブラジル移民した家族と、日本にたった一人残されて
たくましく生きた末娘の話です。


私は10代の頃、親の都合でニュージーランドに来ました。
ですから、こういう話はとっても興味があります。


月並みな感想かもしれませんが、
明治や昭和初期の頃の移民と、今の海外移民とは全く異なり、
奴隷の代わりとして
農場で働かされていた時代の日本人は
海外で暮らしていくのは大変だっただろうと思います。


私は海外に暮らしていても、
日本をそこまで遠い国だと
思った事はありません。
インターネットもメールも発達していて
日本食レストランも日本食材も手に入る時代と
船に揺られて40日以上もかけて渡るのとは
訳が違いますからね。



でも、昭和初期に海外へ渡った人々と共感できる事がありました。
日本人としてのアイデンティティを
子供に伝えていきたいと言う事です。

マリサもサラも、国籍が2つあります。
彼女達は、これからの将来、両方の国の間で
育っていくことになります。
時には悩む事もあるでしょう。
それは、親としての私の課題でもあるかもしれません。



でも最終的には、両方の良い部分をあわせ持った、
素敵な女性になってもらいたい。



久々に、日本人として海外で暮らす、ということを
考えさせられたドラマでした。


応援お願ねがいします!
クリックしていただくと、
ランキングの順位が上がります♪



... 続きを読む
2005.08.18 感激~☆彡
なんと、本日ノーラ・コーリさんご自身からメールを頂きました!!!

ノーラ・コーリさんといえば
海外出産・子育てのバイブル
海外で安心して子育てをする本
海外で暮らすためのとりあえず英会話―海外生活に必須の日常会話フレーズ1500
海外で安心して赤ちゃんを産む本
英語のできる子どもに育てる―誰でもできるバイリンガル子育て


など、多くの著書を出版され、自らもCare the World というサイトを運営されていらっしゃる有名なお方!

その、ノーラコーリさんから次の様なメールを頂きました!

『こんにちは、
 海外出産・育児コンサルタントのノーラ・コーリです。

 このたびはNZの出産について
 いろいろな情報をありがとうございました。

 ブログ読みました。さっそくケア・ワールドにリンクいたします。
 よいお産ができて本当によかったですね。

 NZというすばらしい環境での子育ては本当に子どもにとっても
 ママにとってもよい環境ですよね。
 幸せですね。
 しかも、ご両親も近くにいて。

 そろそろお仕事も考えていらっしゃるようですね。
 いろいろと人生欲張って生きられるとよいでしょう。

 ご活躍をお祈りします。
 またときどきブログにお邪魔しますね

 では

 ありがとうございました。

 ノーラ・コーリ』

感激です!!!ノーラさん、本当にありがとうございます。
しかもリンクしていただけるなんてー!
本当に思ってもいない事ですヽ(*^^*)ノ

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。