上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NZで生活をするにあたって一番感じる事は
紙類が日本より高いということです。
(いや他にも家電とか文房具とか洋服とか・・・化粧品とか・・・。)
NZは何でも物価が安いように日本では言われているみたいですが、
輸入に頼っているものは、日本に比べてずっと割高です。

育児に欠かせない(!?)紙おむつもその一つ。

NZで2大勢力のHuggiesTresures.
どちらも大手スーパーで購入可能です。
ただし、質は日本の製品よりだいぶおとるのと考えた方が良いかもしれません。
しかも、結構一枚価格が割高で日本の1.5倍くらいでしょうか?

毎日のことだと結構考えちゃいます。
でも、・・・布オムツは私には無理!
(というか最初から考えに入っていないし)

ではNZで子育てしているお母さんたちはどうしているのかというと、
紙おむつは紙おむつ屋さんでまとめて箱買いするのが常識、なんですね。
しかも、NZでは輸入に頼っている紙製品。
NZのオムツ屋さんでは世界各国からのオムツが販売されています。

オムツ屋さんはある一定量オーダーすると無料で配達してくれます。
ネット購入もできます。

いくつかご紹介

Diapers Express(NAPPIES FOR LESS)
ここが一番有名どころでしょうか?
オーストラリアのCosiesやBabyloveを最初使っていましたが
ドイツのAirが発売されてからはAir好きに。
長女はAirが売り切れになった時、カナダのteddy's de nounnours使ってますがこれも○。ここで発売しているnappy wipes(お尻拭き)も安い上に子供たちにあっているので気にいっています。


The Wholesale Nappy Company
ヨーロッパ製のNannyというオムツを取り扱っています。
お店の人に何処の国の?と聞いたらギリシャっていっていました。
質はやわらかくて結構○な上に値段が1枚28セントからと安いので
新生児の頃1日15枚くらい必要だったときは助かりました。
まとめ買いするとおまけで50枚くらいつけてくれるのも嬉しいです。
ただし、大きくなり夜のオムツ替えがなくなると夜用には不向きかも。


Diapers Direct
台湾製のSealerを試しました。
これもやわらかくてOKでした。
オークランドで同じく子育てをされているrinhahaさんのブログにsealerの感想が書いてあります。

各国の皆さん、知っているオムツありましたか?

omutu2我が家では昼は上記のオムツで夜は日本から大量に持ってきた
パンパースやムーニーの在庫があるためそれを使ってます。どれだけ買ってきたんだって感じですが・・・。
それにしても、家族が寝静まった深夜、
ブログの為に廊下に在庫のオムツを並べデジカメで撮る私はアホだ・・・。


今、上のマリサはトイレトレーニング中。
日本の在庫がなくなる前に取れれば・・・、って夜は
トイレトレーニングが終わってからもしばらくは
オムツして置いたほうが良いんでしたっけ!?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/14-30443d69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。