上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1今日は、マリサの読み聞かせを始めたきっかけのお話です。

私がマリサに読み聞かせを習慣的に始めたきっかけは
サラが生まれた事でした。
1日中サラにかかりっきりであまりかまってあげられないのがかわいそうで、
寝る前30分だけはマリサと私の時間と決めた事がきっかけです。

私は里帰り出産をしたので(といってもNZの近くの実家なんですが)
実家にいたこともあってその間だけ母や父に生まれたばかりの
サラを見てもらう事が可能だったのです。

最初は1冊から始めました。
マリサはどんどん先を急いで
私が読んでいるのにどんどんページをめくってしまうタイプでした。


ですから、私も最初は、

『どうして聞いてくれないの!?』と

なかばやけくそになって、
マリサがどんどんページをめくる
スピードでお話を自分で作ったりはしょったりしていました。


パパに相談したら、

『それはそれで、マリサの読み方だから良いんじゃない?
大人とマリサの読むスピードが違うんだよ

と言われ、なんだか肩の荷がおりた気がしました。


読み聞かせというと
何だか立派な事をしているように聞こえますが、
うちの場合ちょっと違う(笑)。

そうやっているうちに
マリサも本開いている間はママを独占する時間という
認識が出来たらしく、
そのうちに私が話す話にも耳を傾けるようになりました。



我が家がどのように読み聞かせを進めて言ったかというと・・・。


①習慣をつける
毎日うちは寝る前30分はご本の時間と決めました。
数冊もって寝室にマリサと2人でこもります。
(パパのいない時はサラも一緒に)
ひざの上にマリサを乗せます
マリサとサラの2人いるときは1冊終わるごとに順番でひざの上に乗せます。
ひざの上に乗せると、子供も安心しますし、
実は子供の身動きが取れないんです(笑)。
だから歩き回ったりしません。

②読む本を選ぶ
私が子供に読み聞かせをしていて気づいた事は
子供が好きな本と大人が好きな本は違う・・・、ということです。

フレーズが短くてテンポの良いものの方が
子供も食いついて気安い。

皆さんご存知、がたんごとん。
今はサラが大好きです。


この『がたん、ごとん』しか言わない
物語がよい見たいですね。
『がたん ごとん』に合わせて
本を揺らして電車が動くようすを表現すると
子供ももっとひきつけられるようです。

がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん安西 水丸

おすすめ平均
starsオススメです
starsなぜか 子どもが大好き!!
starsガタンゴトンで足をばたばた大喜び!
stars長く楽しめます。
starsだんだんと良さが出てくる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



マリサは2歳すぎになってから
『大きなかぶ』のとりこに。
『うんとこしょ、どっこいしょ』が大好きで
この本を読むときは一緒に私の袖をひっぱります。
絵的にはまったくかわいくないのに、
この物語がすきなのはやっぱり
大人と子供の選ぶ視点がちがうからなんでしょうね。


おおきなかぶ―ロシア民話
おおきなかぶ―ロシア民話A.トルストイ 内田 莉莎子 佐藤 忠良

おすすめ平均
stars懐かしの絵本
starsリズムが命
starsいっしょに引っ張る!
starsおおきなかぶってなんでしょうか
stars名作なんですよね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



③文章を全部読もうとしないで
 はしょったり、たまには
 『これは何?』とか『赤いお洋服着ているね。』
など、質問したりコミュニケーションを取って見る。



これは、パパに教えられたテクニック。
本=読むものと思っていた私には目から鱗でした。
パパにとって本=子供とのコミュニケーションツールだということ。

パパは読み聞かせをしながら
一緒にご本から食べ物をとって食べるまねをしてみたり、
くすぐってみたり、
パパに本を読んでもらっているときは
マリサも絶えず笑っています。


まずは、本を好きになる事から。



本が開いている間は楽しい事が沢山あるということを
体験させる
ことが最初は大切なのかもしれないですね。


物語の本だけ出なく遊びの要素が強いものも一緒に読むと
もっと本が好きになるかもしれません。


マリサが、かならず1日の最後に読んでもらいたがるのが
この『I SPY』シリーズ。
NZでも手軽に手に入りますし、どこになにがあるのか
一緒に競争で探したりして、
大人も一緒に読んでいて楽しいです。


ミッケ! ファンタジー―I SPY 5
ミッケ! ファンタジー―I SPY 5ジーン マルゾーロ Jean Marzollo Walter Wick

おすすめ平均
stars字が読めなくても大丈夫
starsちょっとムキになっちゃいます
starsみんなで夢中になれます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最初は私がマリサとの時間を過ごしたくて
はじめた読み聞かせの時間なのですが、
これは我が家にとっては結構良い時間になっています。

最近ではマリサも

『ママ、寝る時間だよー』

と自分から言って、本を選び出します。


マリサも、本を読んでもらった後は
素直に1人で寝るようになりましたし、(寝かしつけがなくなった。)
最初は1冊だった本もリクエストによりどんどん増えるようになりました。
『もっと、もっと・・・』と言われると
確かに『もう勘弁してー』という感じなのですが・・・(^^;

2さてさて、この習慣
いつまで続くでしょうか・・・。

今まで気が付かずに来た方にも。
どうか、ポチッと最後に
応援お願ねがいします
人気ブログランキング☆へ。





こちらのリンク先へクリックしていただくと
marieの順位が上がります。
上がると、皆様に読んでいただいている、
支持して頂いているということで
大変に励みになります!

やっぱり『子育て』カテゴリは激戦区(泣)
届きそうで届かないトップ10・・・。
皆さんのクリックが沢山必要になります!

クリックしてくれたら本当に嬉しいです!



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/198-0dbbc9ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。