上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族が風邪に倒れるちょっと前の
先週のこと。

幼稚園のお友達のお家で2人目の赤ちゃんが生まれたので
会いに行ってきました。
赤ちゃんは生後3日♪
こんなに小さくてもこちらの人は
結構Welcomeで赤ちゃんに会わせてくれます。

しかも、お友達のお母さんは出産当日は朝7時半に病院へ行き
12時過ぎに出産して、3時には自宅へ。
私も2人目は病院の滞在時間は12時間と短めだったけれど、
その上をいく滞在時間の短さ。

日本人にとってみたらびっくりすることに一つかもしれませんね。

そんな中、マリサ、外は雨が降っていたので
ガレージを開放してもらい、ガレージで遊んでいると
友達につられてか、三輪車、乗っていました。

いつの間にか乗れるようになっていたのを
全く知りませんでした。
2歳の誕生日に三輪車を買ってあげたのですが
一向に自分でこぐ気がなったようだったので
うちではあまり乗らせていなかったのですが・・・。
いつからちゃんと三輪車を乗りこなせるようになったんだろう?
2

子供っていつの間にかいろいろなことが
出来るようになっているのですね。

**********************************************

週末はというと、私が金曜日に風邪で寝込んだのを
皮切りに、土日はマリサが熱を出しました。

NZで子供が風邪をひいたときはこちらを・・・。
昨年の我が家の病歴が見れます(^^;)

今日(月曜日)にはマリサもだいぶ元気になり
本人が『幼稚園行く!』 というのでそのまま行かせることにしました。
が・・・、こんどはサラがコホコホ始めました。
熱が出ないと良いのですが・・・。



今日は、私が今回使ったNZで買える大人用風邪薬をちょっとご紹介します。


1



左上 ティーツリーオイルTeatree Oil

オセアニアに住んでいる人にはご存知のとてもポピュラーな万能薬。
普通にスーパーや薬局で買えます。
オーストラリアのアボリジニの人が使っていた薬だそうです。
殺菌効果が強いので、風邪の時はぬるま湯にこのオイルを2-3滴
たらして、うがい薬にしています。
その他に、ガーゼに原液を数滴しみこませ、
マスクの下にすると、のどがすっとしたり、鼻の通りがよくなったりします。

子供用に使うときは、原液のままだとかなり刺激が強いので
%の低いものか、もしくはクリーム状になっているものを
使用しますが、うちの子供達はティーツリーオイルの香りが
大嫌いで、駄目でした。

このティーツリーオイルの使用法は、他に
傷薬に使われます。
それから、出産後の会陰切開の傷口の消毒に
このオイルをバスタブに数滴入れて使用するようにミッドワイフ(助産婦)
から言われました。

右上 Lemship

日本にもレモン味のシロップの薬があると思いますが、
まさに同じです。
飲むとすっとして、体も温まり、睡眠をうながしてくれる
働きがあるので、夜寝る前に飲むと効果的です。


 パナドールのExtra
ひどい風邪の時は効き目が強いパナドールの方が
私には良いようです。
関節痛がかなりおさまりました。
もちろん、解熱作用もあります。

この冬、これらを使うのはこれで最後にしたいです・・・。
(本当に大人になってからの熱は悪夢のようでした・・・。)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/225-62a96efc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。