上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークランドは四方を海に囲まれているので
比較的簡単に海の幸を手に入れる事ができます。

我が家も、海の幸はお魚でも貝でも大好き☆


というわけで、友達家族と一緒に潮干狩りをしてきました。

夏の間よりは寒い時期の方が貝は美味しく
これからが本当の潮干狩り時期でしょうか?


今回取りに行ったのはクックルというアサリに似た貝で
われわれ家族頻繁に取りに行っていますので
過去の記事はこちら



秋から冬への空になりました。

2


オークランドの中心部よりは
郊外へ出たほうが粒も美味しくて新鮮な水を吸って生きている
貝に出会えます。

というわけで、私達はオークランド市内から東へ1時間くらい(?)
のところにあるマラエタイというところ(Maraetai Beach)。

3


ビーチによって、貝や魚の1人あたりの捕獲量は
決っています。

(詳しく知りたい方はこちら

このビーチでは1人50個までです。
(干潮の時間1時間くらい前から取れる場所が現れます。
取れる場所はかなり限られているので
行きたい方は干潮の時間へ行くと取っている人がいるので分かると思います。)

4


東京で生まれ育った私と違って
マリサやサラは自然に囲まれて育っているせいか、
ヒトデなんかも簡単に捕まえます。
本当に田舎の子、自然児そのものですね(*^^)

5


もちろん、このどのビーチで潮干狩りをしても無料です

取りにくる人は、一番多いのはパシフィック系や地元のマオリ系の人々。
アジア人でも韓国人や、中国系でも沿岸部の出身の人、
そして、ヨーロッパの人でも沿岸部出身の人ばかりで
地元のKIWIはあまり食べない人が多いようです。

実際に、取ってきた後でKIWIのお友達などにあげようと思っても
『うちは貝は食べないから~』と言われる事もしばしば。
(そうなの???)

1




オークランドだけでなく、NZ全体でこのクックルは取る事ができます。
場所によってはピピとか岩についている牡蠣も取る事ができます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/245-a5936770
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。