上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、南島の旅行から帰ってきました。
国内旅行で1週間は、子供達にとっては初めてでしたが
(親にとっても子連れ2人は初めてでした)
とにかく行って良かったです♪

これから、しばらくは旅行記になってしまうと思いますが
お付き合いくださいませ。


aisatu





map

クイーンズタウンはmarieがNZで実は一番美しいと思っている街
の1つで、娘達には絶対に見せてあげたいと思っていたのでした。
(出発前にマリサの水疱瘡の血液検査の結果が陽性とわかり、
実はすでに水疱瘡にかかっていた事が分かったので、
急遽、旅行へ喜び勇んで出かけてしまいました(^^;)
何の事だかわからない方はこちら

2

オークランドから飛行機で約1時間半くらいで、
クイーンズタウンに到着です。

この街を見ずしてNZは語れないかも!というくらいに
NZの美しい自然が凝縮されたところだと思います。

空港を出た、ターミナルでの一枚(↑)。
すでに大きな山がそびえたっています。



そして、1日目、私達が向かったのは、
クイーンズタウンから車で2時間くらいの所にある、
テアナウという街。

ここで、船に乗ってあるものを見に行きました。

trip3


1時間ほど、船にのって、着いた先は
こんな洞窟の入り口です。

Te Anau Cave

trip4


さてさて、洞窟入り口からは撮影禁止だったので
あくまでイメージ写真を(笑)

この洞窟の中では土ボタルを見ることが出来ます。
trip7

土ボタルとはオーストラリアやニュージーランドのみで見られる
不思議な光を放つ発光虫であるグロウワーム(Glowworm)のことです。
つまりは、虫の幼虫です(^^;)(↓右上の透明なのが土ボタル。)


teanaucave3




が、洞窟の中は真っ暗でただただ、青い光が光っていて、
それはまさに青い宝石のよう♪虫なんてかけらも見えません!
(↑実際の成虫は1cmくらいだそうです。
模型はちょっと大きすぎで虫が苦手なmarieには…o(;-_-;)oドキドキ♪でした。)

『天空の城ラピュタ』の飛行石はこの土ボタルがモデルになっているのだそうです。




そして、1泊目。

泊まったのはテアナウにあるFiordland Lodge

このロッジはこの広さなのに10部屋しかない贅沢な作り♪


trip5


私達が泊まったのはその中でも、2軒しかない家族向けのログハウスの方です。
こういう、1軒1軒離れていると、子供達がいくらうるさくしても
気兼ねがないので嬉しいです。

trip6


お部屋からの眺めは、本館と湖と広大な山の景色。
晴れていたらもっともっと、素敵だったでしょうが、
この日は曇り空・・・・。

残念・・・・。


f6


*************************************************



私達家族がいつも国内旅行をする時にお世話になっているのが



FINESSE SOUTH PACIFIC(NZ)という

主にヨーロッパやアメリカからの旅行客の会社です。



欧米人好みのハイセンスな宿泊地や旅の日程の提案をしてくれる

会社ですので、お子さん連れ、個人旅行の方日本からの友人が来たときなどには

とてもおすすめです☆また、お値段も手頃です。



旅行会社を利用する事で通常より安く宿泊できたり

ハイシーズンで取りにくい宿泊施設も取りやすかったり

することもあります。

何より、不慣れな土地での個人旅行はモデルコースなどの

提案をもらう事により、もっと楽しい旅になると思います。

(この、コースが日本の会社と違う感じで私は好きです。

過去の旅行もこの会社からの提案コースによるものです。)



日本人スタッフがいらっしゃるので、日本語での問い合わせも可能です。



お問い合わせ先:

(会社名をクリックすると日本語サイトになります)

FINESSE SOUTH PACIFIC (NZ)

  







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/278-324c6dcd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。