上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、今日は実際に行動編です。
いろいろ、気をつける事を頭に入れておくと、
子供連れの飛行機旅行だって、それなりに楽しく過ごせると思います(?)



予約時

バシネット(赤ちゃん用の寝るベット)を予約する事を忘れずに!
体重制限、年齢制限もありますので、予約時に確認してください。
座席はエコノミー席ではスクリーン前になると思います。

隣の席はブロック(人が来ないようにしてもらう)と後々助かると思います。
ただし、満席ではブロックできませんので
空いている便を狙う事。



当日

チェックイン時


手荷物を預ける際に、再度座席の確認&隣席のブロックをお願いする事。

子連れの場合、これは私の意見ですが、
一番後ろのコンパートメント(後部ギャレー(キッチン)のすぐ裏)
のスクリーン前の席が良いと思います。(B747の場合)
(ここにはバシネットも2つ付いています。)
乗務員が常駐するギャレーの近くは、
何かと頼みやすく助かりますし、
子供が泣いて困った時は
最後尾の通路が人の迷惑にもなりにくく、
また、一番後ろには乗務員が寝る仮眠室の入り口があるので
乗務員が通りかかりやすく、
困った母子に声を掛けやすいエリアであるからです。
また、最後尾のトイレが一番広いです。



空港内
早めに入国審査をすませ、その奥にある子供用のプレセンターで
思いっきり遊ばせる。
(場所がわからない場合は空港のインフォメーションで聞くと
丁寧に教えてくれます。)



搭乗時

搭乗する際に『小さいお子様をお連れのお客様は優先してご搭乗~』
と、一番最初に搭乗できるように放送で言われますが
ここで搭乗して良いのは、半年以下の動き回れない赤ちゃんだけでしょう


それ以上の赤ちゃん&お子様は、他の乗客が乗り込んだ後の
方が無難です。最初に飛行機に乗り込んでしまうと
出発までに30分くらいかかってしまい、その間に子供が飽きて
しまう可能性があり、本当にシートベルトをしなくては
ならない時に、嫌がる可能性が捨てきれないからです。



離陸時

赤ちゃんは耳抜きが自分で出来ないので、離陸時は
おっぱいやミルク、その他の飲み物他おしゃぶりなどで
つばを飲むように促して、耳抜きが自分で出来るように
してあげると良いと思います。



機内で


立ち上がるのは基本的にベルトサインが消えてから。
ベルトサインがついたら速やかに席に戻り
シートベルトをすること。


また、サービス用のカートが出ている時は歩き回るのは、
大変に危険です。
熱い飲み物が子供にかかる事もあり、大事故になる事もあるので
サービス中は座席で。
子供が騒いで座席にいるのが他の乗客の迷惑になると
思われる場合は基本的に最後尾の通路にいるのが良いでしょう。
ただし、カートが出ている間は移動しない事。
カートがいなくなったときを見計らって・・・。


機内を歩き回るときは、夜便は機内の明かりがついている間のみにする。
映画が始まったら迷惑にならないように。


昼便で機内を歩く&ハイハイさせるときは、
客層をある程度見て判断した方が無難です。
ビジネス路線ではあまりしない方がよいでしょう(^^;)

トイレは混んでいないときに使用した方が良いです。
食事の後が一番混みますね。


着陸時

離陸時を参照してください。



到着時

飛行機を降りるときも一番最後にゆっくりと。
忘れ物がないかどうかも確認&子供が散らかした物は基本的に片付ける。



到着後空港で

荷物を預けている場合、手伝いが必要な場合は
空港職員に声を掛け、子供を見てもらったり
実際に荷物を取ってもらったりすると良いと思います。


kuma←今までニュージーランド航空の機内でいただいた
くまさんの数々。今でも、大切に遊んでいます♪

ある程度の心構えを頭に入れておくと、
母子ともに快適なフライトを臨めると思います。

応援お願いしますクリック
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/31-0d3a7b4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。