上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はCityの領事館までサラのパスポートの申請へ。
やっぱり何かの時に突然日本へ帰国しなくてはいけないこともあるので・・・。

今は0歳児の赤ちゃんでも1人1冊のパスポートが義務付けられています。
(昔は親のパスポートに一緒に載せることができたみたいですが。)
必要なものは

・戸籍謄本(6ヶ月以内に発行されたもの)
・パスポート用写真3.5×4.5cm
 (これは規定が結構厳しいので何枚か持って行きました。)

申し込み用紙は、領事館にあり、以上の必要書類が揃っている
場合にその場で渡してくれてその場で書きます。
本人の確認も必要なので、申請時か受け取り時にかならず
子供であっても領事館へ行かなくてはいけません。
12歳未満は$67.55受け取り時にかかります。(現金か小切手のみ)
交付は1ヶ月後くらいだそうです。
期間が日本で取るよりちょっとかかりますが
あまり日本国内で取るのと変わりはありません。

パスポートでは、NZのパスポートを取るにはどうしたらよいのか?
うちの娘2人は出生地主義のニュージーランドで生まれたので
ニュージーランドの国籍&パスポートを持っています。
NZのパスポートの申請方法は日本とは随分違うので
紹介しておきます。

まず、インターネットで申込用紙をダウンロードします。
必要事項を記入し、パスポート写真を2枚用意して
ウェリントンのオフィスに郵送して完了です。
本当にそれだけ!?それだけなんです。
(うちの娘2人が取得した時は上記の他に
出生証明書のコピーも必要でしたが
今はいらないみたいですね。)

日本と違う所は、
申し込み用紙と写真にそれぞれ
家族以外のNZパスポート所持者のサインとパスポート番号が必要

だとう言う事。
それも友達に頼めば簡単なのでそんな大した事ではありません。
数週間後に配達記録の郵便で自宅へ送られて来ます。

楽だといえば楽ですが、防犯上大丈夫なのかな?という
一抹の不安もあったりします・・・。

ちなみに裏技(!?)ですが、
ニュージーランドのパスポートと半年以内に発行された戸籍謄本が
あれば日本人として日本に入国可能です。
その際、入国窓口入国審査のカウンター向かって左手の
乗務員と同じ窓口で行います。(成田の場合)
日本に少々長くいるのであれば、日本に入国してから
日本のパスポートを作る事もできます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/5-512d92de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。