上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パナドール子供ここ1週間ほど、長女のマリサが幼稚園からもらってきた風邪でコホコホしていました。
ただし・・・、その前にサラ。。。、よくよく考えると、その前はまたマリサ!?

この冬中我が家の娘達、風邪をひいていた!!!
と言う事になりますか・・・(^^;)

子供がいる家庭では、
よく子供が外からもらってきた風邪を大人がひくと言う事がよくあるんですが・・・。




先週は、スクールホリデー中ということもあり
いろいろ、人に会ったり外出したりで忙しかったからか
ついに日曜に我が家の大黒柱パパが寝込む事に・・・。

月曜日もパパ復帰できず、サラ&マリサまで発熱・・・・。

元気なのは私だけで3人同時に寝込まれるのは初めてです。
サラとマリサが同時に夜泣きしたりして、
私、日曜から月曜にかけてさすがにほとんど眠れませんでした。

朝になってからグランマ(近くに住む私の母)に電話して
応援に来てもらいました。こういう時は本当に助かります☆
母が来てから少し私も寝る事が出来ました。


ニュージーランドで風邪をひいて医者に行く目安

・発熱38-39度以上が数日続く
・下痢・嘔吐を繰り返す
・ひきつけを起こす
・持病がある場合


それ以外は家で安静に。
発熱の対処法は日本とは違うのでこちらを参照してください。

また夜間や休日でGP(ホームドクター)の診察が難しいときは
近くの24時間対応のアクシデント用のセンターへ。
(お近くのセンターを探すのはこちら

ニュージーランドでは抗生物質の様な風邪薬は基本的に
初期段階で与えません。
子供がいる家庭では万能薬パナドール(写真↑)を
あらかじめGPからもらっておくと安心です。
熱さまし&痛み止めの効果があります

ビックスその他に、咳などが出ているときは
寝るときに呼吸を楽にするクリーム←を使っています。
青いほうが大人用ピンクが子供用。
どちらも、大手スーパーで購入可能です。



パナドール大人用ちなみに、これは大人用のパナドールで
大手スーパーでこちらも購入可能です。

なんと、このパナドール、母乳の人でも飲めるので
おっぱいがつまりそう・・・な悪寒のある時に飲んでいます。


びっくりなのは、子供を産むとき、
陣痛が始まったら、このパナドールを2錠
痛み止めに初期に飲まされました。

それから、子供を産んだ後4時間おきに3日くらい飲み続けました。
2人目を産んだあとは後陣痛が3日くらい続き
1人目に比べて痛いので助かりました。
(助産婦さんにきいたら3人目の後陣痛はもっと痛いそう・・・。)

もちろん、普通の生理痛や頭痛にも抜群に効きます。
私は日本にいる時も、このパナドールをNZから持ってきて
愛用しておりました。
日本の市販薬より効くので。



おかげさまで子供達は本日は熱もさがり元気に!!!
あとは、パパだけ・・・です。
大人って回復遅い・・・。


応援お願いしますクリック





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kosodateinnz.blog49.fc2.com/tb.php/64-94fe5608
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。