上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく、寝る時間がずれて、
なかなか寝付かない娘達のおかげで
私も随分つかれてしまい、
昨日は寝てしまって、ブログの更新ができませんでした(泣)。


今日は、幼稚園も通常通りに行き、
お昼寝も普通に戻ったので、
私の時間も戻ってきました(笑)。




そしてそして、今朝起きてからのマリサ!!!



ついに、今朝起きたら

『ママ、おしっこー』

と言って、自らトイレに行きました。



今まで自己申告をしてくれたことは実はゼロ

私がトイレへ連れて行って、
何とかできるという感じでした。

しかも、連れて言っても
『おしっこ、なーい』と言ってその場でせずに
失敗することも何回かありました。



でも、私にとっては、ついに!!!
この日が来た!!!という感じです。


しかも、トイレに行って、用を足した後に
トイレットペーパーで拭いて
トイレを流して、手を洗うと言う
一連の動作を、何も私が言わなくても
全部自分で出来ました!!!



快挙(親ばか~!)
マリサ、天才!!!級に褒めちぎりました(笑)。


これで、何回か続けば、
オムツ生活もおさらば~!!!という感じですが、
うまく行くでしょうか・・・?






最近のマリサ、サラと一緒は嫌=赤ちゃんの物は嫌
という感じに急速に変化してきている気がします。



トイレの事も、お姉さんになりたいという気持ちから
出来るようになったのか?はたまた、彼女にとっての
時期というものが来たのか・・・・?
定かではありませんが、
親としては嬉しいです。





今までのハイチェアーに座るのも嫌がって
私達と同じいすに座りたがることも
多くなって来ました。(↓写真)

2
















姉妹で一緒に遊ぶことも多くなり、
ママの負担もちょっとは減ってきました・・・。

1













最近は、マリサのトイレトレーニングも
3歳までに取れればいいか・・・、
など、気長な気持ちに変わっていましたが、
今年中に取れれば・・・・、などと欲が出てきました(笑)。


そんなに、うまくいくでしょうか・・・・?





応援お願ねがいします!
クリックしていただくと、
このブログのランキングの順位が上がります♪
順位が上に行けば行くほど、励みになりますので、
よかったら、クリックお願いします。



... 続きを読む
kaimono今日、幼稚園の帰りにお買い物へ
スーパーへ行ったときのこと。

通りすがりのおばさんに


『赤ちゃん何ヶ月?9ヶ月くらい?』
とサラのことを聞かれたので


『13ヶ月です』
(こちらでは2歳くらいまでは
○ヶ月というのが一般的です。)


と答えたら、
『ちっちゃい』と言われました(^^;




それは、アジア人だから
小さく見えるのよ・・・。
マリサも幼稚園では小さいほうですが、
日本人とすれば、普通ですよね!?


それと、サラの格好も、
私が未だに赤ちゃんの
つなぎを着せているからかも
しれません。


だって、いつまでも赤ちゃんでいて欲しいから!!!


こういう気持ちは1人目の時はなかった感情です。
2人目だからこそ、
あせらず、ゆっくり育てたい。





でも、着実に出来るようになった事も増えています。

今の時点で出来るのは

バイバイ

ばんざーい!

いないいないばぁ




そして今日出来るようになった事

『かわいい、かわいい、してあげてー』
というと、ぬいぐるみにキスしてくれます
。(↓写真)



kisskiss2














マリサの時は手放しで嬉しかった成長も、
サラの場合は気が付けば出来るようになっている感じで
嬉しいと同時にちょっと寂しい・・・。




taberu


親のわがままですね。




最近は、こんな大きなパンも
自分で食べられるように
なりました。



応援お願ねがいします!
クリックしていただくと、
このブログのランキングの順位が上がります♪
順位が上に行けば行くほど、励みになりますので、
よかったら、クリックお願いします。
... 続きを読む
sarahcityおかげさまでマリサの熱は
朝になってから下がり、
今日は食欲もあって
このまま、週末家でゆっくりと
過ごせば大丈夫そうです。
ご心配をお掛けしました。



子供が熱を出すと、
なぜか、『ママ、ママ、ママじゃなくちゃ駄目ー』
ってこと、ありませんか?

うちのマリサは、その傾向が強いみたいで、
いつもは、パパと寝ているくせに、
熱のある間中、パパが何かしようとすると
『ママがいいー(泣)』と、いうことがたびたび・・・。

パパも、かなり寂しそうでした。




今、サラが後追いの最中で、かなり大変なので、
(姿が見えないと必死で探して大泣きです(>_<))
マリサとサラがいっぺんに来られると、ママも大変!


うちは、サラを妊娠した時点で、
マリサの世話は、かなりの割合でパパがしてくれています。
夜泣きをしても、マリサが泣いた場合はパパ担当。
ご飯を食べさせるのも、着替えさせるのも
歯を磨くのも、パパがいる時は、必ずマリサはパパ担当。

そうしないと、こっちの身がもちません(^^;)


うちは年子でも、パパがかなり協力的なのと
実家が近い事もあって、かなり今まで楽させてもらっていると思います。

でもでも、マリサがママじゃなきゃ駄目で、
サラが私の姿が見えなくて大泣きすると、
こっちも泣きたい・・・・・。
ついでに、猫たちも遊んで欲しくてまとわりつかれると・・・・。



一人になりたーい!!!



そして、
今、ようやく二人とも寝て、一人の時間になりましたので
ブログ書いてます(笑)♪
もう少し・・・、一人の時間満喫します♪


寝ているときが、一番可愛い・・・。



NEMOOHIRUNE応援お願ねがいします!
クリックしていただくと、
ランキングの順位が上がります♪

... 続きを読む
スタイ日本にいる友人Nちゃんからサラにプレゼントが届きました!
これは彼女手作りのスタイ。
クロスステッチでかわいい刺繍がしてあります。
どうもありがとう!
大切に使わせてもらいます。
Nちゃんの作品集はMixiのみで見れるのですが、
どれをとってもプロ並みで本当にみごとなお針子!
お菓子も上手で女性の鏡です。

さて、そんなサラですが彼女はやっぱり2人目のせいか、
どう考えても2人目の宿命をしょわされてしまっています。
私も気を付けようと思っていた事なのに・・・。
・写真が少ない
・上の姉からの愛情いっぱいの乱暴な攻撃
・ママを独り占めできる時間が少ない

などなど。
考えれば1人目のマリサの時のとの違いは沢山あります。



まず、生まれてきたときから違いました。
マリサがうまれてくるときはまだか、まだかと待ちわびて、
病院へ行くための荷物も何度もチェックして
万全の体勢で望みました。
パパもグランマ(実母)も立会い、
生まれてくるまでビデオをまわしっぱなしで
生まれてきた瞬間、グランマは泣いていました。

ところが!!!サラの場合、荷物にぬかりがあり、
なんと、ビデオもカメラも入れるの忘れました・・・。
病院について40分、3回のイキミで生まれてきたため、
直後の写真が一枚も無いんです・・・。
しかも、仕事でどうしてもパパが立ち会えず、
へその緒を切ったのはグランマ。
(もちろん泣く事はありませんでした)
グランマは、へその緒を切った直後カメラを取りに
家にいったん帰る始末。

里帰りした私でしたが、とにかく、昼も夜もなく、
3時間の授乳地獄に加えて、
夜は妹ができた事に慣れないからかマリサが夜泣きをするようになり
グランマ、グランパ総動員で全員寝不足。
マリサの時のような写真の枚数には到達できませんでした・・・。
しかも、100日の時にマリサは手形を取ったのに
これも忘れた・・・。


そんな、自分の宿命を感じたからか
サラは母乳以外は全く受け付けないおっぱい星人☆
粉ミルクも駄目なら哺乳瓶も駄目。
おしゃぶりも駄目と来たトリプルパンチ。
マリサは彼女が10ヶ月の時に私が次の子を妊娠したので
このまま授乳をつづけると子宮の収縮から流産になると
いう理由で泣く泣く断乳でした。
でもサラは2人目の宿命を背負わされている分
好きなだけ飲ませてあげよう、断乳じゃなくて卒乳で
自分がいらないと思うまで飲ませてあげたいな、
とちょっと思っています。
大変ですけどね・・・、母乳を続けるのは。

... 続きを読む
ブログを始めてから何日かたちましたが、
娘たちの名前を載せるかどうしようか、
考えていました。
色々考えた結果、
娘たちの名前は、ミドルネームで書く事にします。
長女がマリサ(Marisa)、次女がサラ(Sarah)です。
どうぞよろしくです。

はい、では本題です。
今日もまた雨です。
窓辺のシャルこの季節のオークランドの天候はほど
2時間おきに晴れたり降ったりで
予想がつきません。
朝大雨だと思っていたら、
午後には半そでになれるほど
暖かく晴れたり・・・、
その逆もあるわけですが。
その雨の中、先週末、我が家にはハプニングがありました。
車にバグラーアラームをつけたのですが、
このアラームで大変なことに・・・。

アラームをつけてから、不具合も別段感じていなかったので、
2週間くらい普通に乗っていました。
公園へ家族で出かけてマリサをひとしきり遊ばせて、
お昼近くなってきたので車に戻りました。
最初にマリサをチャイルドシートに座らせて、
ドアを閉めたとたん、なぜか車の鍵がガチャっとしまったのです。
そのとき、私は車の鍵を助手席に置いたままでした。
その日は私が運転していたのでパパも鍵はもっていませんでした。
そう・・・、マリサ、車に閉じ込められちゃったのです。
しかも、チャイルドシートにガチガチに座らされていたので
身動きひとつ取れません!
私もパパもあわてました。
マリサに鍵を中から開けてごらんと言ったところで、2歳の子にはわかりません。
幸い、パパがお財布だけは持っていたので、
近くの公衆電話からAA(日本で言うJAF)を呼びました。
しかし、このAAが来るまでの間、20分間、長かった。
そして、みるみるうちに雨雲が近づいてきました。
しかもAAが来て事情を話してからがまたびっくり。
私たちはすぐに扉が開くものと思っていたのに、
うちの車は特別な車で(防犯用に簡単にあけられない仕組みになっている)
なかなか、開きません。
マリサも閉じ込められてから30分くらいで遂に号泣。
しかも、雨がどんどん強くなってくるではないですか。
パパとAAのおじさんに頑張ってもらって
私はサラと近くの大きな木の下に非難しました。
すると、車をとめていた前の家から傘を持った女の人が!
『赤ちゃん、ぬれちゃうから家に入ってくださいね。』
お言葉に甘えてお邪魔させていただきました。
結局AAが来てから、40分後になんとか車は開きました。
そのとき、パパはびしょびしょ、マリサは顔中涙でいっぱいに。
ごめんね、マリサ。
AAのおじさん曰く、真夏だったら窓を即効割っていたそうです。
私とサラは暖かい家の中で待たせてもらって本当に助かりました。
人の温かさに触れた1日でもありました。

結局、その日、すぐに修理工場に車を持っていったのですが、
バグラーアラームの配線ミスで勝手に鍵が閉まってしまう事がわかったのです。
でも、私もいけません。反省しています。

・車に子供を乗せるときは鍵を必ず身体から放さないこと

当たり前のことなのにやってしまいました。

新しいおもちゃと今日、新しいおもちゃを借りに行った帰りに
この間のような激しい雨が降りました。
そんな中、子連れのお母さんが木の下で雨宿りをしていました。
すると、私たちの前を走っていた車が
さっと寄っていって、乗っていきなさいと声をかけていました。
物騒な世の中で、人の善意を簡単に受け入れられないことも、
多いと思いますが、オークランドはまだまだ、
子連れには、優しい町だと思ったら何だか心が温かくなりました。

blogranking←クリックお願いします。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。